← prev
next →
← prev
next →
定休日
臨時休業
展示会
イベント

news

news

日々のCOLLAGE ・課外授業編

今日からSIETSISISIは、営業しております。

明日の日曜も営業しております。

今週に上がってきた秋物も早々と、少しですが並んでいます。

良かったらお立ち寄りくださいね。

 

 

 

先日は、ソシエテ・リベルテ事務局主催、運営協力

BusinessCafe関西』←clickの『見え方のデザイン』というお話を

聞きに行ってきました。

 

 

丹波県民局・環流プロジェクト推進事業といって、丹波に限らず

大阪近郊の方たちが集まり、経済優先の世の中から個人の

個性を大事にしながら地域とどう交わり暮らしていくか、と

いうトークセッションでした。

 

 

 

 

携帯の普及とともに、価値観が大きく変わりました。

数字が大きくなることが、幸せへの一歩といった経済優先の

世の中から、心の充実という社会になりました。

 

心の充実というのは、ものすごく難しいと思います。

人と触れ合うことによって充実する人もいれば、逆に人に

関わることで心が落ち着かなくなったりする人もいるはずです。

そんな時、同じ様な価値観や趣味趣向の人に出会うと安心したり

確認できたりすると思うのですが、これが目に見える名刺や看板

ではなくて、話すコミュニケーション・見るコミュニケーション

で安心して繋がれるのです。

他の人から一目見て理解でき、説得力のあるものとして

(デザイン)表現してみましょう〜ということかな、と理解しま

した。

先ずは自分を知ることからです。

 

 

 

デザインと一言で言っても、様々なことを意味します。

 

『自分をデザインする=暮らしを変える』

例えば、髪型って絶対の絶対で気にいる様にしますよね?

それも自分をデザインすることだと思います。

ロングだった人がショートにすると、印象が変わるだけでなく

生活の時間の使い方が変わったりします。

その様に時間や価値観を自分でデザインするのです。

 

 

 

20代の真ん中くらいに、作家『森瑤子』にはまりました。

森瑤子というと、『バブル期』を駆け抜けたバブリーで濃い〜

印象を持たれると思いますが、もう少しフランクな私生活を書いた

エッセイなどは、『おばさん』に辛口で面白いお話でした。

手元にもうないけど、今でも頭の片隅に残っています。

(香港に行くきっかけとなったのも、森瑤子の『リパレスペイの月』

でした。)

私生活を書いたものの中で、当時超売れっ子で次から次へと

仕事をしないといけないので、秘書をやとうのですが、その秘書も

忙しいサイクルに巻き込まれ、何かお願いしようにも手が回らず

秘書のまた秘書を雇わなければいけなくなり、その次の秘書も

忙しくなってしまいまたその次の秘書を雇わなければいけなく

なって、家の中に自分の居場所が無くなって、台所で原稿を

書いているという面白いお話がありました。

 

 

何人もの秘書がいても、子ども達の『母』旦那さんの『妻』の

代わりは雇えないので、仕事と家庭の間でてんてこ舞いする自分を

笑いとエネルギーに変えて燃え尽きたんだなーと思います。

 

そういう時代は彼方に行ってしまいました。

 

 

今生きていたら、80歳くらいでしょうか。

バブリーに自分をデザインした森さんは、どんな80歳を生きている

のだろうと想像します。

 

自分の生活を、活字に置き換えるとハッキリと明確に自分の

プレゼンテーションボードが出来ると思います。

 

丹波からは大分離れてしまったけど、新しい社会のあり方は

個人の暮らしから始まるという自覚(デザイン)があってこそかな

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

日々のCOLLAGE・課外授業編

先日、2021年まで予約が取れないというお鮨屋さんに、ラッキーです!日頃の行いが

良かったのか、近所の先輩に連れて行ってもらいました。

そんな先まで予約が取れないなんて、生きておかないと次は無いんですから

すごいですね。

もちろん、今回の予約も1年前のものだったそうです。

 

 

18時から20時までと、20時から10時までが予約タイムで、それ以降がフリーなので

運が良ければ入れるそうです。

 

うちでは食事時間は、ほぼ狂うことなく毎日3食同じ時間に食べるのが常なので

夜の10時からお鮨を食べに行こうということは先ず無いことなので、正真正銘これで

次は無いかも。。

 

場所は、難波の日本橋で『鮨一』さん、4席のみ。

どんなに予約でうまっても、移転したり増築したりすることなく、淡々とお一人で

営業されているそうです。

 

美味しいに決まってますぅ〜新鮮でどれもプリッと肉厚。

お醤油なしで食べられる一工夫など、他とは違う特別感もありました。

 

 

この辺りは、魅惑の路地があります。

 

 

 

 

この日平井は嫌いな食べ物の第1位だった、鰻を食べられる様になりました。

藤子不二雄じゃないですが、鼻血出るんちゃうかーな美味しさなので

50年来の食わず嫌いも吹っ飛びました。

(藤子不二雄だとお思うんですが、初めて鰻を食べた時に鼻血が出たそうです〜

水木しげるかな?)

 

カウンターだけの小さなお店ですが、お茶の世界にも通じる究極の生き方だと

思います。

 

10時以降に、自分の運の強さを信じてチャレンジしてみるか、2021年の予約を

取ってみるか、興味がありましたら食べログ添付しておきます。

 

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27026465/dtlrvwlst/B202905697/?lid=tabelog_pickup_review

 

 

 

 

 

日々のCOLLAGE

おしゃれって何?

 

 

 

 

 

先日、音楽を楽しむ機会が2つ続けてありました。

一つは、主催者が催す会に合わせて、『こういう音楽きっと好きかも』と思う方を

ご招待してくださったものと、もう一つは『この人の曲が好き』という方がチケットを

買って会場に行くという、ドリンクが付いたミニコンサートでした。

 

 

『こういう音楽きっと好きかも』という会は、来られている方は顔馴染みの方も

いましたが、ほとんどが初めての方でした。

不思議と趣味が合うのか、年齢の幅は大きくてもなんとなく統一された空気感が、

その場にいて心地よかったです。

 

そして、もう一つの自らが選び赴く方の会場では、その曲が好きな感じの方だけでなく

様々なジャンルの『音楽』が好きな方々が集まりなので、統一感は無く装いもまさに

色々でしたので、それぞれに楽しみ方があるんだなーと装うことについて考えさせられる

ことがありました。

 

ちょっと勉強になりました。

 

 

欧米では、晩ご飯の時に着替えて食事をいただくというのを、何かマナー本で

読んだことがありますが、今そんなことをしているのは、相当なセレブ一家で

はないかと思うのですが、記念日やスペシャルな日くらいは、特別感を出しても

バチは当たらないかも。。。と思います。

それって『インスタ映え』的な?とも言うかもしれませんね。

 

おしゃれとは相手を気遣うことでしょうね〜。

 

旦那さんやお子さんのために、髪を染めてたけど、『もうやめてん』と

グレーヘアーにされる方が多くなったそうですが、旦那さんやお子さんのためだけで無く

グレーヘアーでも、綺麗にみえるというおしゃれの幅が昨今広がったということだと

思います。

わたしももう白くなっても良い年齢ですが、神様はずぼらをお見通しなのか

中々白くならないのです。

もしも白くなったら一番気をつけたいのは『清潔感』でしょうか。

白くても黒くても、大事なポイントだと思います。

たとえ高価だったとしても、10年前のくたびれたものを身につけると、くたびれ感が

同化するだけで似合っているとは言い難く。。10年前の若さは戻らないですもんね〜

断捨離、と唱えるなら先ずはそこから捨てないといけないですね。

 

今の自分にあったものを、清潔感を保ちつつおしゃれを楽しむ、というのが理想です。

 

女の人というのは、男性に比べると結婚や出産などもありますが、既婚者で無くても

年齢によって立ち位置が様々に変化します。

その段階に合わせて、身軽に変化すればいいのでは無いでしょうか?

 

おしゃれとは、ヤドカリみたいに執着しないことでしょうか。。。