偽物にご注意ください close
← prev
next →
← prev
next →
営業日
臨時休業
展示会
イベント

news

news

日々のCOLLAGE

昨日は、SI-HIRAIの秋冬のカタログの為の写真撮りでした。

この写真撮影の為に、毎回集まってくれるメンバーの皆さん、いつもありがとうございます。

時間を割いてくれることへの感謝は、また次回も続くということと自分勝手に思っています。

 

 

この鈴焼き、世界一美味しいとわたしは思うのです〜『僕は小麦アレルギーなんです〜』という

人もしっかり持って帰りました。。それくらい美味しいのです。。。命がけですね。。●

 

 

長いお休みが明けましたね。

少し前の毎日新聞で、やましたひでこさんと五木寛之さんの、『断捨離』についての対談記事がありました。

どっちかにしないといけないということもないので、大事なものは取っておくけど、循環させた方が良いものというのもあるので、代謝と考えてある程度使ったら、人に迷惑にならないように捨てることを決める。。。というので良い気がします。

蛇や亀の脱皮にお金は掛からないけど、綺麗でいる為にはいくら安いと言え、ユニクロであっても人の場合はお金が掛かります。

服に限らず、器やどこどこのスィーツもエシカルなお買い物も全て『経済社会参加代金』みたいなことかなと思いますので、断捨離をするから何も買わない・何もしないでは楽しみが無くなってしまいます。

choiceすること。。。ルー大柴っぽいな。。自分で捨てるにしても買うにしても、選ぶ理由は自分で決めることかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

6月からの『のせすく』   について

これまでSIETSISISIでは、『やまはる農園』の無農薬野菜の配達の取りまとめを8年間行ってきました。

この春から、やまはるさん達は神学校に入学され、農業から離れることになりました。

やまはるのお二人からご紹介のあった『のせすく』アグリカルチャーの畑に見学に行ってきました。

community support  agriculture といって、この能勢の地域の農家さんが何組か集まり、農家とお客様、そして買い手であるお客様と農地を繋ぐというシステムを作っています。

 

野菜は、その年の天候に左右されるので、出来不出来があります。

配達の量が一定に出来る様に、地域の作り手の農家さんと補い合うことで、お客様に安心してお渡しが出来るそうです。

 

代表の成田ファームの成田さんの想像する未来は、ヨーロッパではビオマルシェで買い物をすることは、自分の口に入るものにこだわることだけでなく、生産者の仕事や生活を守っていることになるので、ビオにこだわる人達は、ビオマルシェのショッピングバックを誇りを持って使っています。

日本もいつかブランドバックでは無くビオのバックを皆んなが持って歩くということに、いつかそうなれば良いなと、思うそうです〜放送作家をされている時に、農家さんへ取材に行ったりしているうちに、太陽を浴びてお仕事をする人たちと出会い自分もそうなりたいなーと思ったそうです。

日本の農薬は甘い(?ゆるい)他の国と比べて規制が厳しく無いので知らないうちに体内に蓄積されていると聞きます。

わたしが子育て中は、20分で晩ご飯を作らないといけない環境でした。

せめて手を掛けなくても、安心して口に入れられるものをと考えて、直接購入できる無農薬農法のやまはるさん達に人伝で出会いました。

 

これからまた新しいこのご縁が、続いていけたら良いなと思っています。

 

まずはお試しで6月3日に1500円のセットを頼みました。

 

引き取りが可能な近所の方に限りますが、興味のある方は、5月20日までにお知らせください。

 

成田さんのお野菜は、北摂方面のビオマーケットや四つ葉さんでも手に入るそうです。

 

 

衣料品や雑貨の業界でも、コロナもあって消費者の方の意識が海外から国内へと向かい、憧れの海外ブランドより、身近な作り手が解る買い物をする…もしくは、自分の買い物が誰かの役に立っているという実感、そんな事を欲している気がします。

成田さんが思い描いた未来は、ミドルエイジの間では、もう現実になっているかもしれないですね。

 

のせすくを詳しく知りたい方は、インタビュー記事が有ります。こちらから→

 

日々のCOLLAGE

先日お知らせした『一軍服』のPV数が、好成績でランキング5位に

なりました。

ご覧いただいた方々、ありがとうございます。

今初めて知った方は、どうぞこちらから→

 

 

 

写真・わたなべよしこさん

手前味噌なお話は、こんなところで終わりにしまして。。。。

落語風だ!。。。。

 

 

京都の中京区式阿弥町に、写真やアートを楽しむギャラリー

『PURPLE』が生まれました。

 

HPはこちらから→

Instagramはこちらから→

 

 

写真やアートを楽しむって、どうやって楽しめば良いかわから無いと

いう方もおられます。

そんな方は、こちらの本がお勧めです。

 

 

お友達にお勧めしていただいたので読んでみたら、とても

面白かったです。

ぜひ、子育て中の方も読んでみてください。

そして、お母さんの言葉に変えて、子どもたちに教えてあげて欲しいと

思いました。

将来の職業などを望む前に、目の前にあることをどう捉えて

乗り越えていくかを教えてあげることは、大袈裟かもしれませんが

命を守ることに繋がります。

 

引きこもりや自殺する若者が多いのは、『職業』やお金をたくさん

稼ぐ人が偉いという考え方を、いつの間にか植えつけてしまうからでは

ないでしょうか。

 

 

答えや正解を求めないということは、時間もかかり忍耐もいります。

正解や順位をつけることは、解りやすくて簡単です。

 

1枚の写真から感じたことを家族で話す機会が作れると良いですね。

 

アートを楽しむことは、人生を肯定的に生きる。。。ということ

かもしれないです。

かも。。ですよ。

 

 

 

LINEN SILKのハイネックワンピース

インターネットマガジン クーネルさんの一軍服インタビュー記事をご紹介します。

私にとっての一軍服、スーヒライでこの夏用にお作りした中では着用したリネンシルクのワンピースがそうでした。

 

メンズライクで落ち着いた色の夏のツィードは、シルクと麻で凹凸のある素材です。

こちらからご覧いただけます→

 

 

たまに、お客様から似合う服を教えて欲しいと聞かれることがあります。

不思議なことですが、大抵似合うと思って着るものは似合うんです〜似合わないと思って着ることって無いですけどね…アレ?可笑しいかな…

 

「お洒落は心意気」と言われているの、納得です。

着用したワンピースは、着丈が2種類有ります。

そんな心意気のある方の為に、日々精進しているので幸せモノでございます〜へへ