偽物にご注意ください close
← prev
next →
← prev
next →
営業日
臨時休業
展示会
イベント

news

news

日々のCOLLAGE

新年明けましておめでとうございます。

2021年も大変お世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

1月のOPEN DAYは、14日金曜・15日土曜になります。

 

 

 

エリザベス女王のフィリップ殿下を偲ぶ、クリスマススピーチがとても素敵でした。

ご覧になった方もいると思いますが、リンクします。→

 

『しんみりさせてどないすんねん?』と思うでしょうが、亡き人の

願いは今生きている人の幸せを心から願い、生きている人はそれに

応えるためにも、幸せでいないと、と思います。(強制では無いけど)

 

口を開けて待っていてもダメですから、自分がどんな時に幸せだと

思えるのかよく見直そうと思います。

そして、このブログも去年は一昨年に比べると少なかったので

もう少し仕事のことを報告していけたらと思います。

 

 

今年は寅年ですね。

虎のイメージは怖そうなのに、過酷なサバンナでも子育てが上手な家族

思いの動物かな、と思います。

怖そうなのに優しいって、理想的ですね。。。人も見習わないとね。

 

皆様にたくさんの良いことがあります様に。

 

 

こんな可愛いのもいただきました、ありがとうございます。

 

 

日々のCOLLAGE

2021-AW019 タックワンピースのオーダーは、本日が締め切り日となります。

オーダーをいただきました皆様、ありがとうございます。

お渡しは、1月20日となります。

 

 

 

先日、星の話を読んでいたら(またまた占いの。。)聞いたことが

無い名前の花が出てきたので、検索してみたら意外に身近な花

だったことを知りました。

 

店頭では、オリエンタルリリーの名前でよく売られているこの百合の花。

別の名前が『スターゲイザー リリー』(空を見つめる人・天文学者)だそうです。

百合の花にしては、上を向いて咲いているからこの名前になったそうです。

 

 

 

 

百合の花は『受胎告知』の時に、大天使ガブリエルが持っていますね。

宗教画では、聖母マリアの純潔は白い百合の花かオリーブで現すそうです。

その百合の花は、必ず3つの開花した花が描かれているのですが、その意味が

『今までも、今も、これからも』ということだそうです。

もしも、これがスターゲイザー リリーだったら、『聖母』のイメージが

違っていたかもしれない。。。と思いました。

 

上を目指してグイグイ頑張る母。。。な感じ?

 

 

もう一つ余談ですが、『スターゲイザー』の名前がついた魚がいるそうです。

 

この魚も目玉が上に向かって付いているからでしょうね。。。イメージが。。。

まるで空母。。。確かに宇宙と繋がってる感はしますね。

 

 

 

大したオチは無い、ヒルアンドンの独り言ですが、お花屋さんに行った時

思い出してみてください。

 

日々のCOLLAGE

12月に入りましたね〜♪

 

この季節のお楽しみは、たまに見る機会がある夜の電飾です。

温かくて華やかな電飾は、寒い北風の中でもなんだかウキウキと楽しい気分に

なって、寒さも気にならなくなるから不思議です。

 

クリスマスの飾り付けは、日本だとお正月が控えているから25日を過ぎると

さっさと片付けますが、ヨーロッパ方面では1月末頃までそのままになっています。

 

所変わればですね。

 

 

Pyracanthaさんでのイベントでは、たくさんのお客様がご来店いただいたということで

お越しいただいたお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

お忙しい中、時間を割いてお越しくださり本当にありがとうございます。

また、SoloのパティシエでPyracanthaのお二人のお父様も、このイベントを応援し

宣伝していただき、本当にありがとうございました。

 

今は、『インスタグラム』という個人的にも宣伝できるツールがありますので

とても便利ですね。

大袈裟なイベントではなく、気軽にひやかしてもらって場を楽しむ。。。という

ことも出来ますし、良い世の中だと思います。

 

自分達なりの『おしゃれ』のことばかりを考えて、早くも30年を過ぎました。

 

その中でgallery Pyracanthaのmadame。。。。出会った頃は、まだmademoiselleの

店主との出会いは、私たちにとってはとても大きい出来事だったのだと

思います〜わたしが子育てをしながら作り始めた子どもの服や小物の『おひさまと

うさぎ』時代に出会ったので、20年程前になります。

 

変わっていくファッションの流行と自然災害など、いつも状況は変化しています。

家は窓を開けると、風が吹いていることがわかりますが、閉めると部屋の中は暖かく

安心できる場に一瞬で変わります。

 

Pyracanthaの二人は、外で魔女がどんな強い風を起こしたとしても、全く気にならな

くしてしまうそんな安心感があります。

みんなに愛されるお店というのは、そういう場なんだろうな〜と思います。

(また人ごと感が出てしまったヒルアンドンでした。)

わたしも、見習って精進します!来年から。。。へへへ