← prev
next →
← prev
next →
定休日
臨時休業
展示会
イベント

news

日々のCOLLAGE

おしゃれって何?

 

 

 

 

 

先日、音楽を楽しむ機会が2つ続けてありました。

一つは、主催者が催す会に合わせて、『こういう音楽きっと好きかも』と思う方を

ご招待してくださったものと、もう一つは『この人の曲が好き』という方がチケットを

買って会場に行くという、ドリンクが付いたミニコンサートでした。

 

 

『こういう音楽きっと好きかも』という会は、来られている方は顔馴染みの方も

いましたが、ほとんどが初めての方でした。

不思議と趣味が合うのか、年齢の幅は大きくてもなんとなく統一された空気感が、

その場にいて心地よかったです。

 

そして、もう一つの自らが選び赴く方の会場では、その曲が好きな感じの方だけでなく

様々なジャンルの『音楽』が好きな方々が集まりなので、統一感は無く装いもまさに

色々でしたので、それぞれに楽しみ方があるんだなーと装うことについて考えさせられる

ことがありました。

 

ちょっと勉強になりました。

 

 

欧米では、晩ご飯の時に着替えて食事をいただくというのを、何かマナー本で

読んだことがありますが、今そんなことをしているのは、相当なセレブ一家で

はないかと思うのですが、記念日やスペシャルな日くらいは、特別感を出しても

バチは当たらないかも。。。と思います。

それって『インスタ映え』的な?とも言うかもしれませんね。

 

おしゃれとは相手を気遣うことでしょうね〜。

 

旦那さんやお子さんのために、髪を染めてたけど、『もうやめてん』と

グレーヘアーにされる方が多くなったそうですが、旦那さんやお子さんのためだけで無く

グレーヘアーでも、綺麗にみえるというおしゃれの幅が昨今広がったということだと

思います。

わたしももう白くなっても良い年齢ですが、神様はずぼらをお見通しなのか

中々白くならないのです。

もしも白くなったら一番気をつけたいのは『清潔感』でしょうか。

白くても黒くても、大事なポイントだと思います。

たとえ高価だったとしても、10年前のくたびれたものを身につけると、くたびれ感が

同化するだけで似合っているとは言い難く。。10年前の若さは戻らないですもんね〜

断捨離、と唱えるなら先ずはそこから捨てないといけないですね。

 

今の自分にあったものを、清潔感を保ちつつおしゃれを楽しむ、というのが理想です。

 

女の人というのは、男性に比べると結婚や出産などもありますが、既婚者で無くても

年齢によって立ち位置が様々に変化します。

その段階に合わせて、身軽に変化すればいいのでは無いでしょうか?

 

おしゃれとは、ヤドカリみたいに執着しないことでしょうか。。。