偽物にご注意ください close
← prev
next →
← prev
next →
営業日
臨時休業
展示会
イベント

news

2021年6月

日々のCOLLAGE

夏のラインナップ帳、届いているでしょうか?

 

今回は、春の時にアドレスを打ち直したにもかかわらず、パソコンの

バージョンアップで全て消え去り、もう1度打ち直すのどうしようか、と

躊躇していたところ、作らないんですか〜とカツが入り、奮い立って一気に

打ち直しました。

まだお届けになっていなかったり、ご希望の方がおられましたら、メールにて

お知らせください。

 

このご時世、携帯で見れる方が良い、という方も多くなりましたが、紙の印刷物って

大事に取っておけて、ある時何気に開いたりして感動!という偶然の喜びが

あったりするんですよね。

 

今では、フォルダを偶然開けるとかなんでしょうけど。。。

 

今度、si-si-siの定番アイテムをまとめたカタログを作ろうと思って考え中です。

これから少しずつお知らせしていきますね。

 

 

使ってみて良かったアイテム、使って良かった素材、人それぞれ違いますが

これまででコンフォタブルと(ルー大柴か?)思ったものを、しつこくしつこく。。。

もういらんわーと言われても、作り続ける。。。可能性への挑戦なんです。。ふふ

いやいや、数字がまとまらないと生産背景に迷惑が掛かるので、ほどほどに

しないといけないんです。

でも、使ってみたら気に入って貰えたりすることもあるので

定番として、これからも作り続けていこう!と思ったアイテム達があるんです。

あと、これに足せば良いのか〜となるに違いないアイテムだったりですね。

 

どうぞ楽しみにしていてください。

 

 

 

N-603L麻素材のジャケット

お客様からのお問い合わせで、サイズについてお問い合わせをいただき

N-603Lの38サイズと、40サイズの着比べ写真を撮りました。

サイズ選びで迷われてる方、多いかもしれないでのアップしておきますね。

 

 

身長161cm、上半身痩せ型+人より3cm腕が短いわたしが着てみました。

 

 

⓵40サイズ、やはりお袖は長目になりますね。

大きいのが着たい場合は、少し襟をぬいてルーズに着ると良い感じに

なります。

 

 

 

 

②38サイズ、全体で3センチバストサイズが小さいだけなので、麻素材の場合は

クシュっとした表情なので、それほど見た目が変わらないです。

お袖が少しだけ違うかな。

 

 

 

 

 

そして、お袖を少したくしあげると、見た目が軽やかになりますね。

 

ジャケットの1番のポイントは、わたしは袖丈だと思っています。

袖の長さが細っそり見えるか、ずんぐり見えるかが分かれるところで、ひとおりする

とか、たくし上げるとか鏡でチェックすると、お気に入りの袖丈や、これまで

なんだかわからないけどずんぐりしてるな、と思って着なかったものが、バッチリ

生き返ったりすると思います。

 

 

 

 

このジャケットの場合、袖口がボタン開きになっているので、折り上げ易く

なっています。

腕短カ族にとっては、『袖』って、重要なんですよ。

日々のCOLLAGE

良いお天気が続きますね。

今日から、東京でsi-si-si comfortの秋冬の展示会です。

 

いつもの様に会が出来ることを、有り難く思います。

もちろんお越しいただける方は、状況がまだ変わっていないので限られていますが

続けるということを最も重要なことだと思っていますので、si-si-siに関しましては

46回目が出来たことに自分なりに満足しています。

 

 

先日読んだことで、面白いなーと思ったフレーズがありました。

 

『服は、自分の一番外側のことなのに、一番内側を表している』

 

本当にその通りですね。

思春期から大人になる頃、バブル経済で沸きDCブランドブームを経験した

人たちは、おしゃれと言えば『変身』することだと思っているかもしれません。

 

バブルがはじけた社会に放り出された世代は、リアルクロージングに移り変わり

生活に根差したものへ変わりました。

今はもっと小さなコミュニティーでのおしゃれになっていますが、それが世界に

発信出来るパワーも秘めていたりします。

 

 

圧倒的に『変身』の人数が多い世代だと、次は?次は?を追い求めると思いますが

自分の生活の中から、自分のスタイルに合った着こなし・モノ選びをする時代へ

変わっているので、『変身させてください』という受け身では、彷徨う老人に

なってしまいますね。

 

コロナという目に見えない小さな菌が教えてくれたことは、自分を知ることだった

かもしれないですよ、などなど思いながらの46回目です。