news

黒いワンピースと、蠍座のブローチ

お客様から、お写真いただきました。

 

SI-HIRAIの、CHAW17-3613(DP)黒いワンピースに、蠍座の

ブローチがキラリと光っています。

お写真を頂戴した時、カモミールの花に見えたんです。。不思議。

カモミールの花は、京都『赤々舎』の編集長、姫野さんです。

 

 

小説のタイトルな感じでいいと思いません?

『黒いワンピースと、蠍座のブローチ』

 

姫野さんは、京都で『赤々舎』という出版社をされています。

HPはこちらです→

この写真は、台湾の写真家の方とご一緒のお写真だそうです。

国外の写真家の方も発掘されたりと、インターナショナルに活躍

されていますが、ふんわりとした優しいイメージで、まさに

カモミールの花の様です。

 

ご自身のインタビュー記事はこちらです→

 

 

皆さんは、お気に入りの写真や写真集などありますか?

おすすめが有れば、教えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加生産分が上がりました。

SIETSISISI用にお作りしていたものが、上がってきました。

 

 

グログランコットンドレス

CHSS18-3752(GR)¥27000+tax→

 

・ストライプ柄

 

 

 

 

・ネイビーカラー

 

 

 

 

レーヨンコットンサテンワイドパンツ

 

CHSS18-3516(TP)¥22000+tax→

 

・エクリュカラー

 

 

 

 

 

スプリングニットVネックプルオーバー

 

CHSS18-3751(SK)¥23000+tax→

・ライトグリーン

 

 

 

 

 

テンセルキュプラ ローゲージシングルジャージ

T-ローブ

 

CHSS18-3716(TO)¥24000+tax→

・グレーカラー

N-603OW DENIM JACKET

4月のデニムジャケットが、上がりました。

予定より、1週間早く上がったので、皆様の元へ早くお送りすることが出来て

嬉しいです。

 

今回で、通算するとおよそ4000枚目な感じの生産です。

ポケットが脇にデザイン変更してから、より着易くなって更にお問い合わせの

ご連絡が多くなりました。

 

そして、休んでいたダメージ加工も復活。。。こちらは、卸先様からのご提案で

また作ることが出来ました。

私だけじゃなく作ってくれる方々にとっても、こんな提案は、とっても喜ばしい

ことなのです。

 

『売れるものください』では無く、お客様の顔が見えるその店らしさが、お話を

聞いているうちに、なんとなく伝わってきます。

なるべくリクエストには応えられたらと思って、日々邁進しています。

 

もちろん、難しいこともあるので、内容によってはお断りしないといけないこともあります。

 

 

 

これは、ダメージ加工の方の36サイズです。

 

以前のものより、ハードなクラッシュは入っていません。

 

 

 

ワンウォッシュインディゴブルーの方は、白靴下にローファーな正統派です。

比べるとよくわかるのですが、色が濃い分締まって見えますね。

『カイハラデニム』な感じがするのは、この濃い目の方かなと思うのは

私だけでしょうか?

 

 

 

 

お袖が、動かしやすいと言ってもらいます。

常識破りな、ラグラン袖ですからね、当然です。

ヘリテージと言いますが、何も変わらずに継承されていくものでは無いと思います。

徐々に変化するからこそ、続いていくのです。

 

デザインの世界も、『えエエエエ〜〜〜無いわ、それ〜』っていうことが

当たり前になっていたりということも、あったりなかったり。。。

 

 

 

 

デニムジャケットは、便利なアイテムで綿素材なのに、1年中着れます。

この上にコートも着れるし、下にTシャツだけでもいいですし着こなしの幅が広がる

便利なアイテムです。